ダイエット習慣
Health-Navi 五十五文化堂 > ダイエット > ダイエット効果をアップする意外な習慣

ダイエット効果をアップする意外な習慣


ダイエットの成功には、空腹との闘いだとも言われます。
しかし無理な食事制限をしてストレスを抱えてのダイエットに成功などありません。
無理をせず、空腹感を感じさせないダイエット法は無いのでしょうか。

 

今回は、ダイエットに効果的な意外な習慣について、ご紹介します。

これによってあなたは、今までの常識を覆すダイエット効果を得ることができます。

 

ダイエット効果をアップさせるには、1日に2~3回の間食が効果的

間食というとダイエットには厳禁、おやつなんてダイエットの大敵だと考えていませんか。

しかし間食の摂り方によっては健康的な間食習慣と成り得るのです。

この間食習慣を、ヘルシー・スナッキング(健康的な間食習慣)と言います。

ダイエット時にオススメの間食の摂り方に重要なポイントは2つあります。

 

食事と食事の間を空け過ぎない

食事と食事の間を空け過ぎると、血液中に遊離脂肪酸が増えてしまいます。
これは、空腹物質とも呼ばれ飢餓から体を守るために発する物質で、「食事が入って来なくなりそうだから、脂肪を蓄えろ!」
というサインを出して、体を太りやすくしてしまうんです。
厄介な物質ですね。
人間がどれだけの長い間、飢餓の恐怖を耐え抜いてきたのでしょうか。
そのサインを出させる前に適度な間食を摂って、遊離脂肪酸を発するタイミングを遅らせる必要があります。

では、間食に必要な食べ物にはどのような物があるのでしょうか。

 

おすすめの間食 食材2選

ダイエットのために少しの間食が必要だと言っても、スナック菓子やスイーツを好きなだけ食べてもいいわけではありません。
ダイエットに効果的な間食として挙げるのは、ドライフルーツやナッツ類になります。

 

ドライフルーツ

血糖値が上がりにくい食物繊維を多く含んでいます。

 

ナッツ類

腹持ちのいいタンパク質を多く含んでいます。

 

これらの食材を、間食に取り入れていくといいでしょう。

 

この間食習慣を1日に2~3回、お腹がすく前のタイミングを見計らってとるだけで、ダイエット効果をアップさせる事が可能です。

空腹時のストレスを抱える事もなく、ムリなくダイエットを続けられる事でしょう。

 

あなたも今日から、ヘルシー・スナッキング(健康的な間食習慣)を実践して素敵な身体を手に入れましょう。

 




キーワード